恋をしようよ THE LOBSTERS

おまえがいくら めかしこんで

俺のまえに やってきても

そんなことには かまちゃいない

俺はただおまえと やりたいだけ

この印象的なサビの曲にTHE ROOSTERSは「恋をしようよ」というタイトルを付けた。なんて秀逸なんだろう。

ヨルゴス・ランティモスの新作映画『ロブスター』は家庭を持ち、子孫を残すことが義務付けられた近未来。独り身になった人間は街はずれのホテルで45日以内に自分の配偶者を見つけなければ動物に姿を変えられてしまうという世界の話。

1

なんてブッ飛んだ世界なんだろうと思ってしまうが独自のルールの世界で生きる家族のお話を描いた『籠の中の乙女』といい、この監督の作り出すその世界の常識は、なぜか受け入れてしまう謎の説得力がある。

話を『ロブスター』に戻そう。妻に捨てられた主人公の男は冒頭で何の動物になりたいかと質問される。すると彼は「ロブスター」になりたいと言い、それは100歳以上生きられる」「死ぬまで生殖能力がある」という理由からだそうだ。

馬鹿なのか賢いのかわからないチョイス。『行け!稲中卓球部』での生まれ変わりルーレットで前野が選んだ「腸炎ビブリオ」よりは数段ましだと思うが…

cast_01

45日以内にロブスターになるかもしれない主人公。演じるのはSEXテープが流失したことでお馴染みのコリン・ファレル。

そうして始まった施設の生活だが意外にカップルになれる人たちは少ない。そんな動物になるぐらいなら誰でもいいから付き合ってさっさと施設から出て行ったらいいじゃないかと思ってしまうのだが そうでもない様子。

恋愛不適合者の集まり?「運命の人」を夢見る人の集まり?そんなことを思ってしまうのだがしばらく見ているうちに気づかされる。

そう、この映画の世界は常に人間関係の中にいなければいけないのだ。孤独の時間がない。

現実世界でも、誰にだって一人になりたい時があったりする。そこで常に恋人のことを思ってSEXをして子孫を残し一生を終える世界は素晴らしくて常に正しいのか?という価値観に気づかされる。

lobster2-xlarge

▲地味にベン・ウィショーも出演。今回はノンケ役。

映画の中でも動物になるまで残り1日となった女性に対して施設の人間は「散歩やSEXはやめときなさい、そんなの動物になってもできるわ」と言う。

その時、人間・恋人としてのアイデンティティを尋ねられたような気がした。まぁ、ざっとしたあらすじはここまで。

 

基本的にはブラックコメディです、この映画。見ちゃいけない、笑っちゃいけないの世界観。クックックと笑いこらながら時にはたまらず声をだして笑ってしまうそんな時間をお過ごしください。

そして、「真実の愛ってなんだろう?」とかモヤモヤしながら悩みお帰りください。

 

CchlSRsWEAAA6Dv

あとパンフレットをトートバック付きにするべきだったかもあとあと悩みます。

 

書いた人:佐藤カツミ

hat

思春期に見事なほど自意識をこじらせ

太宰、チャップリン、ロックンロールの気分で小説、映画、音楽をとにかく消費してすくすくと育つ。

近年、時計じかけのアレックスに憧れてハットを被っていたらハットさんと呼ばれるようになりました。

 

Related posts