洋画中心映画サントラDJパーティー『CLUB HOLLYWOOD』4/23(土)開催!

2016年の映画業界もエンジンがかかってきた感があるこの頃。『バットマン VS スーパーマン』を皮切りに4月は『シビル・ウォー』『レヴェナント』『スポットライト』『追憶の森』『アイアムアヒーロー』など話題作・大作目白押し!

▲やっと予告編も(個人的に)面白くなってきた『シビル・ウォー』!

▲筆者的に4/9公開のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ボーダーライン』が超期待!今回のエミリー・ブラントはタイムリープは別にしないみたい(笑)ベニチオさんも出るぞ!

そんな映画熱もヒートアップしてきた4月、定期映画サントラDJパーティー『CLUB HOLLYWOOD』が4/23(土)に開催です!ペース的には偶数月の土曜日開催のイメージです。以後お見知り置きを!今回も熱いぞお

『CLUB HOLLYWOOD』とは?

▼GUEST DJ’S

◆スピードタモリ

AIK0dIv_

2000年頃にJ-POP DJとしてキャリアをスタート、J-POP以外にもテクノ、昭和歌謡、ブレイクビーツ、ドラムンベース、映画サントラ等節操なくプレイさせていただいてます。映画は洋画B級ホラーが大好きです、頑張ります!

◆しげ

jZvgUXPZ

Funkotという、インドネシア産のダンスミュージックでDJをしています。 今回はその中でも、映画サントラのFunkotリミックスをチョイスしてプレイしますよ。 さあ映画音楽でおどりましょう。

◆てぃろ太

S__2990101

普段はD-link me!という夢と魔法の季刊イベントに出させて頂きながらのんびりくらしています。

そんな私ですが、今回は一念発起してダニー・エルフマン氏を大特集予定。笑いあり死体ありヒーローありの楽しいお時間を皆様にお届けしたいと思っております。

 

あらゆるジャンルでプレイするスピードタモリ氏、Funkotではゲームネタも混ぜつつ映画サントラネタで映画好き以外をも踊らせるプレイを見せるしげ女史、D系を華麗にブン回すてぃろ太氏もお呼びして今回も熱いぞCLUB HOLLYWOOD!

映画サントラでDJ出来る方はそこまで多くはありませんが、あらゆるシーンで活躍するDJさんの中でも映画好き、もしくはサントラ好きな方をお招きしてパーティーを彩っていきたいと思います!我こそはという方も是非。

 

<CLUB HOLLYWOOD 2016年4月号>

4/23(土)17:00〜23:00 @薬酒Bar高円寺

CHARGE:1,500円(1ドリンク付き)ジャンル:洋画中心映画サントラ

 

【2016年2月のCLUB HOLLYWOODはこんなのがかかりました】

オデッセイ、フランシス・ハ、ヘイトフル・エイト、レザボア・ドッグス、ストリート・オブ・ファイヤー、ゴッドヘルプザガール、マイ・インターン、ブギーナイツ、ワンアポ、フィールドオブドリームス、摩天楼はバラ色に、キスキスバンバン、ブラックスキャンダル、遠い夜明け、はじまりのうた、ターボキッド、ドリームメーカー…etc!

今回も映画話、そして映画音楽を肴にお酒を喰らいましょう!是非、お気軽に。

◆CLUB HOLLYWOODレジデントメンバー紹介

424452_210426955719544_43893985_n

▲店主(CLUB HOLLYWOOD主催)

クラブハリウッド主催にして薬酒Bar高円寺の店主(ガチ)。けっこう色んなジャンルのDJを経験するも映画サントラのイベントがあまりないことに憤慨し当イベントを立ち上げる。

時折Youtubeをまんま流すプレイを得意とし「俺にかけれない音楽はない(ネットにあるのに限る」と賛否両論を呼ぶ。

幼少期は香港映画と白黒映画に没頭、現在は男臭い映画と80~90年代のヒューマンドラマが一番好きだったりもする。ホラーと大々的に公開する最近の邦画が苦手。クラブハリウッドでは専ら飲酒とヤジ係。

 

DhcM4mZg_400x400

▲翔太郎

昭和生まれの平成育ち。映画AKIRAと同い年。

生まれて初めて劇場で観た映画は『ネバーエンディング・ストーリー(多分第2章)』だったが、最前列で見たファルコンが相当怖かったらしく、悲鳴を上げて泣き出した為に途中退場を余儀無くされる。

二十数年がたった今も、ファルコンと正面から向かい合った事がない。

その後も「ズコーン!ドカーン!バキューン!っていう感じの映画が観たい」「セガールが最強」が口癖の父と 、エルヴィス・プレスリーとケビン・コスナーをこよなく愛する母と、そして『ゴールデン洋画劇場』に育てられ順調に「セガールよりジャッキー派」として育つ。

ホラー映画が苦手であり、トラウマになった映画は『アラクノフォビア』生まれて初めて劇場で観たホラー映画は『ヴィジット』(2015年)。

2013年頃からアニメ、特撮ソングでのDJ練習を始めるが、店主と『狼の死刑宣告』の話題で盛り上がり、誘いを受けてCLUB HOLLYWOODに参加、現在に至る。

 

ZBDTjhtL

▲銭。

高校から大学まで演劇サークルにて音響を担当していた為、巷で話題のJ-POPよりもアニメやドラマや映画などの多ジャンルの”サウンドトラック”をひたすら聞き漁る十代を過ごす。

その後紆余曲折を経て2012年8月に秋葉原MOGRAにて行なわれた第一回目のCLUB HOLLYWOODに一般客として参加、このとき店主こと主催桑江と面識をもつ。

その三ヶ月後にオープンした薬酒Bar高円寺の常連客となり、そのさらに一年後の2013年11月、今は無き渋谷amate-raxiで行なわれたCLUB HOLLYWOODにて『角川映画楽曲オンリー』で衝撃のDJデビューを果たし現在に至る。

このような出自のため、“洋画中心映画サントラパーティー”を謳う当イベントに於いてなぜかほぼ毎回邦画の曲もかけてたりする。曲に困ったときはとりあえず『チ・ン・ピ・ラ』のPrivate storyをかけてお茶を濁すことが多い。

最後に一言「あぶ刑事はいいぞ」

 

hat

▲ハット王子。

田舎の映画館特有の謎の2本立てを見て育ったため分け隔てなく映画を観るようになる。

なぜか最近は女子力高いと認識され新作のラブコメ映画の感想をいの一番に聞かれて少々困っているが新作映画とパン屋さんの情報チェックは欠かせないでいる。

お前もアメリにしてやろうか!

最近のお気に入り映画:『マイ・ファニー・レディ』『恋人たち』『ひつじのショーン』『サウルの息子』

 

39883

▲ユウ(有)

幼少の頃、人生初の映画館にてスピルバーグの傑作「E.T.」から映画バカ生活をスタートさせる。

思春期にはハリウッド製SFアクション大作から大きな影響を受けて育ったため世間の常識より映画で学んだ知識を信じるというピーターパンな人格が形成される。

大のアメコミファンでもあるためいつか超人的な潜在能力が開花するのを待っているが30歳を越えた現在まだその気配はない。成人して心が汚れるとロマンス映画にハマりピュアになるどころかそこで培ったスキルによりさらに汚れる羽目に。

ホラー映画マニアでもあるため大概の危険には対処できるという自負はあるものの好奇心旺盛なためおそらく序盤で犠牲になるタイプ。

余談として、いい歳して運転免許を所有していないが熱狂的なワイルドスピードファンのためドラテクには自信があると豪語しては周囲の失笑を買っている。

先輩の紹介で訪れた薬酒バーにてロック系DJをする中で店主氏よりお誘いをいただいてCLUB HOLLYWOODに加入、DJであると同時に映画ファンが集まる居心地のいい雰囲気をこよなく愛する。

 

S__9519110

▲じゃみら由維 ※今回お休み

親の影響で幼少よりB級ホラーとB級アクション映画、ブルースリー映画で育つ。大脱走のマックィーンが格好良すぎて、服装を真似てた少女時代。月9を見るが如く映画セブンを夕飯喰らいながら見まくった愛らしい中1の思ひ出。

高校で少林寺拳法を始めたことで、木人拳がマイブームに。同時期、我が永遠のヒーロー、李連杰にも出会う。そんなこんなで愚直に育った為、似非恋愛モノをみると、蕁麻疹が出る。

でも案外好きな映画のトップテンに極上な恋愛ものがランクインしていることは誰も知らない。そして無類のヴァンパイアものが好きであることも実はヒミツ。

好きなタイプは、金曜ロードショーのオープニングの黄昏の色に佇むダンディーなあのひと。かのスピルバーグはこうのたまっている。『観客の眼に涙を貯めるのは監督。涙を流させるのは音楽』と。音楽は人生を素敵に彩る。

そして現在、音楽好きが高じて出会ったユウくんにクラハリに誘われ、クラハリファミリーに!!いや〜、映画って、音楽って、素晴らしいものですね(水野晴郎風味)

 

dddcc7e8

▲大河内喜夫 a.k.a ブリジット本田 今回よりレギュラーですがお休み

▲平林兄さん(今回よりレギュラー参加。VJさん!)

 

<TIME TABLE>

17:00 店主
17:30 ハット王子。
18:00 てぃろた(GUEST)
18:40 翔太郎
19:20 しげ(GUEST)
20:00 銭。
20:40 スピードタモリ(GUEST)
21:20 ユウ
22:00 ハット王子
22:30 店主

 

 

書いた人:桑江 良輔

424452_210426955719544_43893985_n

エンタメ系IT企業を退社した後にBar店長に転身。本業とは別にクラブを使った映画サントラDJパーティーの開催や映画トークイベント、野外映画フェスにトーク出演等の 映画関連イベントに多く関わる。

2013年には立川シネマシティにて世界初の「パシフィック・リム絶叫上映会」を個人で企画。発売日即日完売と大反響を呼びその影響は全国に飛び火した。

高級炊飯器を買おうか日々悩んでいる間に120インチのスクリーンはポンと買ってしまう三十路突入世代。通称“店主”

桑江良輔Twitterアカウント

 

Related posts