あの伝説を再び!?『マッドマックス 怒りのデス・ロード Extreme<MADNESS>上映』潜入レポート

仕事に学校に忙しい生活を送っている皆さんいかがお過ごしですか?

玉澤は引き続き五月病を発症しています。私に映画を観せてくれ……。

私のようになんとなくだるい、やる気が出ない……それ、間違いなく五月病です!そのまま6月に突入しておくのは危険です!玉澤のように家でダラダラとAmazonで観もしない映画のDVDを欲しいものリストに入れる生活を送る羽目になりますよ!

さて、そんな五月病を吹き飛ばすべく本日はちょっと変わった上映イベントについてご紹介したいと思います!!!

その名も『マッドマックス 怒りのデス・ロード Extreme<MADNESS>上映』!!!(以下、<MADNESS>上映でお送りします)

潜入レポート.docx

◆なんでもOK!? 心の叫びをブチまけろ!

皆さんは映画館で映画を観ているとき「映画の世界に溶けこみたい」と思ったことはありませんか?最近ではアトラクションのように楽しめる4DX上映などがありますが、映画を観ながら登場人物に対してツッコミを入れる、音楽に合わせて手拍子をするといった行為は他の人の迷惑になることからできないことが多いはずです。

そんな皆さんの期待に応えたのが、我らが塚口サンサン劇場!

サンサン脱出レポ02

塚口サンサン劇場については改めてファンダンゴで特集を組みたいと思っていますので乞うご期待!

以前参加させていただいた塚口サンサン劇場の脱出ゲームについてはこちら!

今回紹介するこの<MADNESS>上映ではコスプレOK! クラッカー・紙吹雪の持ち込み・使用可能という通常の上映スタイルとはかなり異なります。

映画を観ながら思い思いの場所で拍手をしたり、叫んだりとにかく自由!周りの目なんて気にせずに、皆で映画を楽しむ素敵な上映会です。

ちなみに私が参加したのは514()ですが特殊メイクスタジオ「KID’S COMPANYの方々に映画と同じ傷メイクや烙印をしてもらえるサービスがありました。

潜入レポート2

大体500円〜1000円くらいでマッドマックスな世界をもたらしてくれるのです。なかなかできない経験……。というわけで私もしてもらいました。これで私もウォーボーイズ!

あっという間のなんでもありの怒涛の120分をレポート

さあ、この<MADNESS>上映ですが『スーサイドスクワッド』の予告編が始まるやいなや鳴り響くクラッカー、舞い散る紙吹雪!皆気が早いよ!

とんでもないところに迷い込んだよ……と震えていた私ですが、OPWBのロゴが出た瞬間、またスクリーンでマッドマックスが観られるのかと感動のあまり目頭が熱くなる始末。

クラッカーの火薬の匂いもまたマッドマックスの世界観を表現していて臨場感を醸し出していましたね。

潜入レポート3

皆さん思い思いに映画にツッコミを入れるので、「こんなコミカルな映画だっけ?」と思わずにはいられないほど。個人的にフュリオサ登場シーンで誰かが「抱いてくれ〜!」と叫んでいたのがツボです。うん、私も抱いて欲しい。

迎えたEDではMAN WITH A MISSION×Zebraheadの「Out of Controlは観客全員で手拍子&大合唱。ここはライブ会場なのか? と頭をよぎりました。最高です。

余談ですが、何度も観ているはずなのにフュリオサが刺されるシーンで真剣に「あ、マックスたちやばい。負けそう……」と思いました。展開を知っているはずなのに、まるで初めて観た作品のような気持ちで観ていたようです。まさかそんな境地に達するとは思ってもみなかった……。

この記事を読んでせせら笑っているそこのあなた、笑っている場合ではありません。<MADNESS>上映では何が起こるのか、そしてマッドマックスは何が起こるか予測できない作品なのです。

◆4DXを超える?! 椅子が震える《重低音ウーハー上映》

先ほど思い思いに映画を楽しんでOKと書きましたが、この上映会なんとそれだけではありません!

サンサン劇場ではウーハーを追加した《重低音ウーハー上映》なるものを実施。ただ音を大きくするのではなく、中・高音は聞き取りやすいままで、低音を体感していただけるよう音響セッティングした上映だそうです。車の走行音、エンジンがより私たちの耳に届くようになりました!

潜入レポート4

実際、聞いてみると低音がお腹に響く!そして椅子が振動しているのが伝わってきます。音で体が震えるというのを初めて経験しましたが大興奮&大満足!車に乗っているような気分になるのでマッドマックスの世界観に合う!

この時、玉澤は4DXでもう一度マッドマックスを体験したいという気持ちが頭をよぎりました。マッドマックス、恐ろしい子……。

音量はかなり大きめになるので体調のすぐれない方には正直不向きな上映スタイルです。なので不安な人は万全の体調で挑んだ方が良いかと思います。

◆最後まで楽しい!マッドなお掃除タイム!

潜入レポート5

上映終了後は自分たちで散らかした劇場内をお掃除します。撒き散らした紙吹雪やクラッカーをかき集めるのですが、皆さん率先してゴミ袋や掃除道具を貸し借りして協力するので全然知らない人たちと奇妙な仲間意識が持てる素敵な時間です。

映画が好きな人たちと集まって何かする経験って貴重だなあと思うので何気に映画より楽しい時間であったりします。

 

◆終わらない! まだまだ続くサンサン快進撃!

いかがでしたか? こういった体験は映画の裾野を広げるいいチャンスになると思います。普通の上映会は飽きた、ちょっと刺激が欲しいという方にオススメです。

<MADNESS>上映は終了しましたが、これ以降も様々なイベント上映を予定しているそうなので是非塚口サンサン劇場に足を運んでみてください!

theater4_03

塚口サンサン劇場:http://www.sunsun.info

 

書いた人:玉澤 千歩

自己紹介文.docx

大阪を中心に劇団サニー代表として作家と演出をする傍ら勉強と称して映画漬け。サメと特撮をこよなく愛す。

最近は自分らしくあるために好きなものだけに触れる日々。気がつけば20代も半ば。悔いなく生涯を終えたい

Related posts