飛び込んでみればそこは天国か地獄か!? あなたも映画館で働いてみよう! 〜劇場の顔!? 人気のセクション:フロア編〜

玉澤ご無沙汰しております、玉澤です。つい先日、親のすねかじり虫を卒業して引っ越しをしました。近くに映画館がないので、これからどうやって生活しようか考え中です……。

▲本邦初公開の玉澤の部屋。誰がどう見ても子供部屋ですありがとうございました。

そんなことはさておき、前回に引き続いて映画館でバイトをする人に向けて書かせていただきます!今回が最後の業務紹介になります。おそらく映画館で働きたいと思った人なら、誰もが憧れる”フロア”の業務について説明します!

 

◆コミュ障でも仕事ができちゃう主な仕事内容

主にフロアではチケットやコンセッションのように何かを販売するということはありません。上映トラブルが起きてないかスクリーンのチェックをしたり、映画が終了したスクリーンの清掃をしたりと体を動かすことがメインです。

ほぼお客様と関わる機会がないと言っても過言ではありません!そう、コミュ障でもできちゃうお仕事です!ヤッター!フロアでは主に4つの仕事を中心にやっています。

『ゴーストワールド』のこの二人でも出来そう!

①お客様のチケットを確認!チケットもぎり

上映作品の開場時間になったら入場ゲートにて、チケットを購入したお客様の入場のご案内をしています。必ず日付、上映作品、上映時間、席番号、料金を確認してください!

たまに日付を勘違いした方、上映時間を勘違いして入場ゲートに来る方がいらっしゃいます。その際は優しくご案内してあげてください。それができたら該当するスクリーン番号をお客様に伝え、チケットをもぎります。入場者特典がある作品の時は渡し漏れに注意しましょう!

②場内に異変がないか確認! スクリーンチェック

映画の本編が始まるまでフロアスタッフは気が抜けません。上映時間になるまで流れている映像(ループ)、上映時間になったら流れる企業広告(いわゆる予告)、そして本編がきちんと流れているか確認する必要があります。

画面はきちんとしたスクリーンサイズになっているか、場内の明かりはきちんと消えているか、空調は丁度良いかなどお客様の快適な上映環境が整っているかをチェックします。この時、スクリーン内でトラブルがあると大惨事(お客様のご迷惑)につながるのでマネージャーに報告して対処することを覚えておくと良いかもしれません。

③時間との戦い! スクリーン清掃

映画が終わればお客様の持ち込んだ商品(ポップコーンやジュース)のゴミ回収、座席の清掃が始まります。難しいことは何ひとつありません。ただひたすらホウキとちりとりでスクリーン内を綺麗にしてください。ただし、次の上映時間の都合で清掃時間が5分しかないこともあるので満席時や繁忙期はしんどいかもしれません。

▲また雨の日は傘などの忘れ物が多発するので座席の荷物かけにも注意しながら清掃しましょう!ゴーストにも気をつけましょう。

公開作品の管理! ポスター交換

映画館に行くと公開前の作品のポスターを見かけませんか? あれ、実はフロアスタッフの子が用意しているんです!

配給会社からティーザー(公開日などが決まってないけど宣伝したいから作ったポスター)または本ポス(公開日、スタッフなど完全な情報が載っているポスター)が送られて来るので専用のケースに入れて展示します。

またチラシなどもフロアスタッフが管理していることが多いので、どこのセクションよりも公開作品に詳しくなれるかもしれません!

 

以上4点がフロアスタッフの仕事となります。ただ、働く映画館によっては上記のことに加えてストア(グッズ販売)を任されることもあるので、苦手な人は注意した方がいいかもしれません。

 

◆映画館にまつわることすべてを聞かれると思った方がいい!

結構動き回ることの多いフロアですが、人によってはお客様から話しかけられることがあります。おそらく混んでいることの多いチケットカウンターよりも劇場内を歩き回っている(失礼ですが暇そうに見えるので)フロアスタッフの方が話しかけやすいのでしょう。

▲クリス・プラットが映画館でスタッフしてたらそりゃ声かけたくもなりますねえ

大抵は喫煙所の場所や、駐車場の有無がほとんどです。商業施設に入っている映画館だと商業施設のことも聞かれることも。稀にメンバーズカードの入会や他劇場で公開されている映画のことを聞いてくるお客様もいらっしゃいます。映画館スタッフ=映画のことならなんでも知っているとお客様は思いがちです。

嫌がらず根気強くお客様をご案内するようにしましょう。

 

◆最後に

いかがでしたたか? これを読んで少しでも映画館でのバイトのイメージができたら幸いです。元チケットの玉澤的にはフロアがオススメです! 歩き回れるし、スクリーンチェックができて気分転換になるからです。

頑張って働いた暁にはスタッフ鑑賞がある映画館もあるので有効活用してください。もちろんですが興味のなかった映画や知らない映画についての情報が、耳に入るので、映画に詳しくなりますよ! 自分の世界を広げるためにも映画館で働くのは最高です!

皆さんも是非映画館で働いてみてくださいね!

▲映画館のマナーを守らないヤツは元カリフォルニア州知事が黙っちゃいないぜ

 

by 玉澤千穂

Related posts